2021年 6月25日㊎・26日㊏・27日㊐ 11:00~18:00 
最終日27日は17:00終了
松屋1F 店頭フロア

堀澤和彦さん プロフィール

明治座の近くに事務所を構える問屋さん。東京都八丈島に伝わる草木染の織物である黄八丈を主に取り扱っています。黄八丈を織り上げる職人の中でも、最も名が知られているのが「山下芙美子」さん。その山下芙美子さんが黄八丈を織り上げたら、まず堀澤さんに納品するのだそう。しかし、織り上がりの時期や数が全くもって不明で、本当に突然送られてくるものだから、堀澤さんとしたらヒヤヒヤもんだとか。(ご存知の方も多いと思いますが、黄八丈をはそりゃそりゃ何とも高い!!)
堀澤さんと山下芙美子さんとの信頼関係が伺い知れます。問屋業でありながら他店では堀澤さんのファンを名乗る方が多数いるそうです。松屋でも「堀澤ファン」をつくりたい!!そんな想いから今回の企画は立ち上がりました。滅多にご覧いただけない黄八丈と堀澤さんに、是非会いに来てください。
今回は特別に『レジェンド堀澤』の強力な相棒、浅山織物の浅山喜洋二さんも登場。どんな楽しい会場になるか期待が膨らみます(^▽^)/

黄八丈=高級品と言われていますが・・・
さて、その理由は?

新小石丸とは、昭和天皇の母宮から譲り受けた極細で美しい糸を作り出す小石丸という蚕をかけ合わせたもの。
新小石丸の糸は極細で、これを織り上げると生地のしなやかさや光沢感は他の紬製品と比べても軍を抜く素晴らしさがあります。

八丈島に自生する植物染料から染め上げる渋みのある色。
黄色、茶、黒の三色に染めた糸を手織りで縞柄か格子柄にする。現代では黄色(黄金色)より茶色や黒色が人気。落着きと深みがある色です。

【出品商品】

・黄八丈 ・浅山織物の帯 ・お召(特価品あり) ・お誂え半巾帯

最終更新日:2021年06月05日

催しものの一覧

facebook