新しい感性と受け継がれてきた伝統を融合させた加納world。
古典的な柄と新素材の織り成す異色のコラボレーションを心ゆくまでお楽しみ下さい。貴女だけの特別な一枚に出会える予感。。

加納寛二 

染色クリエイター 加納寛二 - kanji kano-

西陣の地で百数十年にもわたりキ機屋を営んでいる旧家に誕生。1975年より染色、金彩工芸の修業を始め、1981年に実家でもある加納幸にて織物の研究を始める。1984年に現会社を設立。その後、ヴォーグ・パリ誌に和装で初めて掲載。ニューヨーク・メトロポリタン館の日本館に作品を展示されるなど、国内外で活躍。日本文化デザイン会議の会員。現在、染色工房「スコープ・ココ」代表として精力的に創作活動を展開。

<同時発表> 若きホープきものデザイナー 加納圭悟 - keigo kano-

加納寛二先生のご子息でもある若ききものデザイナー加納圭悟氏。上海万博着物ショーにて日本代表で出店し、例をみない動員数を記録。X-JAPANのYOSHOKIとの共同制作、着物・帯「YOSHIKIMONO]を発表。多くの観客を動員し、話題となる。次世代の和装界を盛り上げてゆく新進気鋭のデザイナー加納圭悟氏が今回新作を発表!乞うご期待です。

最終更新日:2015年06月09日

新着記事

facebook