染色クリエーター 加納 寛二

西陣の地で百数十年にもわたりキ機屋を営んでいる旧家に誕生。1975年より染色、金彩工芸の修業を始め、1981年に実家でもある加納幸にて織物の研究を始める。1984年に現会社を設立。その後、ヴォーグ・パリ誌に和装で初めて掲載されたり、ニューヨーク・メトロポリタン館の日本館に作品を展示されるなど、国内外で活躍。日本文化デザイン会議の会員。現在、染色工房「スコープ・ココ」代表として精力的に創作活動を展開。

加納寛二氏の軽くて着心地の良い個性溢れる新感覚の作品を、この機会にまじかにご覧下さい。京豆腐の老舗「とようやけ山本」の美味しいお菓子をご用意して皆様のご来場をお待ちしております。

最終更新日:2014年06月06日

催しものの一覧

facebook